合志市ビーブルのホールでネット接続試験(e-mobile編)

2010年4月3日土曜日 Rio MURASHIMA 1 Comments

熊大医学部の木下先生が5月に開かれる救急関連のセミナーをくまもと市民塾でUSTREAMで中継してほしいとの要請があり、昨日、会場であるビーブル(合志市役所の隣にあるホールと体育館が合体したような公共施設)で、ネット接続の試験とリハーサルを行ってきました。

当ホールを管理する合志市に、ホールでのネット利用について木下先生に確認してもらったところ、運用管理面やセキュリティ面の問題がありホール利用者へのネット環境の提供は行っていない、とのことでしたので、今回は、木下先生が個人で所有されているe-mobileの端末を利用して動画中継ができるか確認することが目的。事前にe-mobileのサービスエリアを確認したところ、現地はもうちょっとのところでエリア外になっていたので(すぐ近くの光の森周辺はOK)ちょっと心配な状況で現地に向かいました。


4月2日の午後、現地に到着後、まずは木下先生のPCで受信状況を確認。ホールの入口付近でアンテナ3本立ってる。。これはいけるかも、ということで、ホール周辺のベストポジションを探してうろうろ。結果的に、最上階にある調整室の窓際(ここからだとステージまで直線で見通せるのでWiFiでの中継もバッチリ)にe-mobile対応のWiFiルータを設置することにしました。#担当の職員の方がとても親切に対応してくださり助かりました。

この状態で、ステージ上でWiFiで接続したパソコンから、ネットの速度測定を行ったところ、上りの速度はおよそ350kbps。当然、下りは数Mbps出ていると思いますが(未測定)、今回はUst中継が目的なので上りが重要。この速度での動画配信がどの程度のクオリティなのか、試しにやってみることにしました。

今回、受信用のPCと回線がないので、動画を送出をしているMacを使い受信もしてみたところ、けっこうまともな動画が受信できたのでまずは一安心。同じWiFiルータ配下で上りと下り、また同じパソコンで送出と受信を行っても問題ないことがわかりました。twitterでの呼び掛けに応じてテストに協力していただいた、プリズムの岸本さんからは、音声も含めて良好、との連絡をいただきました。

今回はさらにホールのマイクを直接Macに入力できるように担当の職員さんに対応していただいたので、これまでのようなカメラのマイクで音をひろっていた状況からすると、かなりクリアに聴こえると思われます。#ここの職員さんは動きや対応がとてもよくて感心しました。

ということで、5月の救急セミナーは、市民塾のほうでUst中継することに決定しました。公開するかどうかはこれから調整ですが、事前申込があれば見てきただけるよう、お願いしてみたいと思いますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

1 件のコメント:

  1. If a loss happens once more, you'll as soon as} once more double up your wager and so on until you score a win. Evidently, this strategy works as it permits you to win again your losses and default to a baseline wager which is the way you generate profit in lengthy run|the long term}. These strategies permit you to strategy the game with a grain of salt while carrying the smallest possible danger. While probability can still disrupt your long-term success, it’s typically accepted that these systems stability properly between danger and expected return. One great example is the Paroli system, the place you'll double up your wager after each win. The first tip is a reiteration 1xbet korea of what we've just realized.

    返信削除