Iの革命

2006年12月16日土曜日 Ryoichi MURASHIMA 0 Comments

『ウェブ進化論』で有名な梅田望夫氏が、日経コンピュータのインタビュー記事の中で、Googleを主役とした情報革命のことに触れている。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/a/it/alacarte/iv1207/umeda_1.shtml
Googleが始まった当初は、ちょっと賢い検索エンジン程度の認識だったが、GoogleマップやGoogleニュース、Gmailなど、数年前から、これまでにない革新的なネットサービスを次々に打ち出す様子を見て、これは只者ではないな、という印象を持つに至った。
梅田氏曰く、「グーグルは自身のインフラを使って,世界中の情報を全部整理し,提供しようとしています」というのも真実味あるよね、って感じ。

0 コメント: